コロナウィルスで美容室が最低でもしなければいけない5つの対策

現在爆発的な勢いで感染を広げているコロナウィルス。

人との距離をとったり、なるべく外出を控えたりと個々で様々な対策を行なっているかと思います。

それだけ恐怖心があるなかでやはり人と人との距離が近い美容室はお客様の中で怖いと感じる方が多いと思います。

「ここの美容院は安心」と思ってもらえる、いま最低でもしなければならない対策を今回は5つ紹介します。

その1.スタッフのマスク着用

会話が必ずある美容院ではマスク着用は絶対必要になってきます。

「いつも楽しく話してるお客様がいつもとテンションがちがう…」

それはもしかしたら美容師がマスクを着用してないことからの不安からかもしれません。

その2.スタッフ、お客様の手指消毒

入店してすぐ消毒のご協力をお願いすることで対策にもなりますし、しっかり対策を行なっているという印象にもなります。

ですが中にはアルコールにアレルギーがあったりする場合もありますので一人一人に確認してから行いましょう。

その3.セット面、手すり、椅子の消毒や換気

お客様が帰った際にはセット面や椅子は必ず消毒しましょう。

換気や手すりの消毒は時間を2、3時間に1回など決めて行いましょう。

その4.体調のすぐれないお客様やスタッフの管理

「体調が悪いなら来ないでください」

とはスタッフに対して言えてもお客様にはなかなか伝えることは難しいです。

そのため、「張り紙等で体調のすぐれないお客様はご予約のお日にちを変更されることを推奨する」文章を貼っておくなどするとよいでしょう。

その5.お客様へ施術中マスクの着用を許可する

お客様の中には美容院ではカット中やカラー中マスクを着用することはダメと思ってる方もいらっしゃると思います。

美容師側としてはやり辛い施術もあると思います。

そのため、「途中外していただくくタイミングもあるかもしれないが着けていても大丈夫」という張り紙をしておくと安心感に繋がります。

なかなかマスクが手に入らない今は厳しいかもしれませんが、カラー等ついて汚れてしまったものについては交換のマスクを用意しておくと、なお良いと思います。

まとめ

以上、5つのコロナウィルスの対策でしたがまだまだできることは沢山あると思います。

少しでもお客様の不安を取り除いてあげることが今求められています。

他の方のブログでも

・コロナ美容室
・コロナウイルス 美容院
・コロナ感染美容室
・美容院コロナウイルス
・コロナ美容室危険性
・コロナ美容室影響
・コロナ美容院感染
・コロナ自粛行動美容室行く?
・コロナで美容室影響は?
・コロナウイルス対策美容室
・コロナウイルス美容室
・コロナウイルス美容院が心配
・コロナウイルスヘアサロン
・コロナウイルス美容室経営
・コロナ対策美容室
・コロナ影響美容室
・美容室コロナウイルス対応
・美容室での感染リスク
・美容院コロナウイルス感染は

など沢山の項目で検索されているようです。

イタリアでは美容室が閉鎖してしまったという情報もあがっています。

日本も感染が拡大している今出来る対策を日々行っていきましょう。